トップページへ
SITE MAP
FEATURE
能の世界
世阿弥のことば
能の海外交流
能楽トリビア
DATABASE
演目事典
能面事典
用語事典
全国能楽堂マップ
PEOPLE
能を支える人びと
能楽師に聞く
名人列伝
ESSAY わたしと能
INFOMATION
公演スケジュール
能楽関連イベント情報
能楽リンク集
クレジット

協賛者リスト

  花月:Photo Story あらすじ・みどころ演目の詳細データユーザーの投稿レビューPhotoStory
 

わが子を天狗にさらわれて出家した九州の僧は、都・清水寺で少年、花月に出会った。
金剛巌
多芸な花月は、旧知の清水寺門前の人に勧められ、小歌を披露する。
野村万之助、桜間辰之
門前の人と肩を組み、「恋は曲者」と声を上げる。
山本東次郎、足立禮子
鶯が桜を踏み散らすのを見咎め、花月は、的当て遊びのために持参した弓に手をかけた。
観世銕之丞
鋭く引き絞って、射ようとするが、殺生を禁じた仏の教えに従い、思いとどまった。
梅若玄祥
僧は花月がわが子と知り、名乗る。花月は喜び、父と仏道修行に出ようと決め、名残に鞨鼓を打って舞う。
大島久見
天狗に連れられ、心乱れてさすらった遊芸の日々を思う。
観世栄夫
さあ、ささらを捨てて父と一緒に旅立とう。
金剛巌
[一時停止中。画像クリックで再開します]

写真:森田拾史郎

PhotoStoryは自動で開始します。停止するには写真をマウスでクリックしてください。

back あらすじ・みどころへ戻る

免責事項お問い合わせリンク許可運営会社
Copyright© 2018 CaliberCast, Ltd All right reserved.